アンミュージックスクールで本格的な授業を学ぼう

仕事をしながら学ぶ

女の人

自分に合っているかを確認

転職が一般的になってきているなかで、「転職に有利な資格が欲しい」といった理由から専門学校への進学を考えている社会人が増えてきていると言われています。専門学校でもそういった社会人のニーズを受け、入試に「社会人入試制度」を設けたり、社会人向けのカリキュラムを組む学校も増えてきています。社会人が専門学校で学ぶ際に気をつけることはあるのでしょうか。まず受験資格に関してです。多くの専門学校では「社会人入試制度」を設けていますので、その制度を活用しましょう。受験資格はカリキュラムやコースによって「高卒以上」もしくは「中卒以上」となっています。また、学校によっては「一定期間以上の就労経験がある」という条件が付帯されている場合もあります。受験資格に関しては各学校に問い合わせるか、オープンキャンパスなどで確認することが大切です。多くの専門学校が社会人でも通いやすい授業形態のカリキュラムを準備しています。夜間に通う夜間部過程や、インターネットを利用した通信授業と実習を行うスクリーニングを組み合わせた過程など、仕事をしながらでも学べる環境が用意されています。自分にあった学習形態を提供している学校を選ぶようにすると、挫折することなく学習を続けることが出来ます。また、「教育訓練給付金制度」が利用できる専門学校が増えてきているため、そういった学校を選ぶこともポイントです。この制度は雇用保険の被保険者を対象に厚生労働省が実施している制度で、受講費用の一部が負担されるものです。個の制度は専門学校で学びたい社会人の強力なサポートとなってくれますので、該当される方はぜひ制度を利用することをお勧めします。